ジャムの日記

~日常とかバイクとか~

宮ヶ瀬湖へ

こんばんは( ̄▽ ̄)

 

昨日の事ですが、宮ヶ瀬湖に行ってきました。

久々です。

10月に入ったばかりだし、紅葉はまだまだです。

 

目の前を走っているのは、赤いボディのカタナ兄さん!

1100かなぁ?400かなぁ?なんて考えながら、ちょっと追いかけたら、

急加速して見えなくなりました。

隼を千切るなんてやるじゃんw(☆▽☆)

 

そうそう、いつもの鳥居原園地の駐車場は・・・

そこそこバイクは居ましたが、駐車場としては全然余裕でした。

良い季節になってきたし、もっとバイクは居るかと思ったのですけどね。

 

あと帰りは246を使って帰りましたが、反対車線がやたらと混んでいると思ったら、

事故渋滞でした。

※写真載せようかと思いましたが、ちょっとやめます

 

事故じゃなくても、道中渋滞が多かったです・・・やはり神奈川県は渋滞王国ですね。

でも、バイクに乗るのは楽しいです(☆▽☆)

 

あー

バイク乗りたい

はーや『宮ヶ瀬湖行くの久々だったね!オーナー!』

 

ジャム子『そうね。久々に行って楽しかったけど、道中の渋滞はホントなんとか

     ならないものかと思うよ』

はーや『でもノロノロでも、走れたし!』

ジャム子『あーそう言えばボーっとしてたら、水温が真ん中をいつの間にか

     超えてたのは驚いた』

はーや『大渋滞だったしね。でも、オーナーの取り付けた冷却ファンのおかげで

    下がったからいいじゃん』

ジャム子『うん。これに関してはファンを追加して良かったとホント思うよ』

 

大渋滞のトンネルは、冬場でも真ん中越えるし・・・ホントはーやさんは爆熱ですw

見送り

こんばんは( ̄▽ ̄)

 

プレミアムSSTRに参加される知り合いの、見送りをしてきました( ̄▽ ̄)

 

場所はここ。

これだけで分かる人が居たら凄いw

まぁ・・・とあることをすればすぐばれますけどね( ̄▽ ̄;)

 

知り合いのバイク。

Kawasakiバルカンドリフター。多分400ccかな?

2004年モデルらしいです。エンジン音聞きましたけど、とても静かなバイクです。

あとキャブ車でした。インジェクションかと思ってたのにちょっとびっくり。

 

とても乗りやすそうに見えました。

 

2台並んで・・・

 

そうこうしているうちに・・・

夜が明けました。

 

ということで、いってらっしゃい!お気をつけて!!!

 

あー

バイク乗りたい

はーや『無事に着いたかな?』

ジャム子『ん~どうだろね?きっと、現地でのんびりしていると思うよ』

 

さっきFacebook見たら、無事に到着したようです。

 

しかし、この場所良いね。

今度SSTRに参加することがあったら、ここから出発しようかな?

電源断

こんばんは( ̄▽ ̄)

 

バイクの話ではないですが・・・

 

家には、100V系と200V系の電源がきています。

100Vは普通の家電を使用する電源となってますが、200V系は何かというと、

台所のIHクッキングヒーター用に使っています。

 

今週の頭・・・月曜日に調理をしている最中、IHが突然の電源断。

コンセントが突然抜けたようなそんな動きでした。

ブレーカーでもトリップしたか??と思ったのですが・・・200Vのブレーカーが

無い・・・。

仕方ないので、100Vで動くポータブルのIHクッキングヒーターでこの日はしのぎました。

 

で、200Vの電源が死んだままだと困るので、まずは大家さんに相談。

すると・・・『電気の事は分からないから、そっちで電力会社に連絡して』

だそうで(ーー;

えー?電源って、建物の設備じゃないの??この建物作る時に、電気工事屋に頼んだんじゃないの??

ま、いっか。文句言っても始まらないし時間の無駄。

それに定年を迎えて子供達の手が離れたら、この家は出て行くし、それまでは我慢我慢。

 

ということで、東京電力に相談。なんとすぐに来てくれるそうで。驚きました。

『停電に関しては、24時間対応しています』とのこと。

へー東京電力やるじゃん(☆▽☆)

 

で、発覚した事実・・・

 

東京電力『???200Vのブレーカーが無いですね』

わし『やはりそうですよね』

 

ブレーカーボックスをごそごそと弄って蓋を取って中を見ると・・・

 

東京電力『あー・・・』

わし『何かありました??』

東京電力『ブレーカーありますね。トリップしてます』

わし『え?』

東京電力『後付けで付けてますね。正直あり得ない工事をされてます。

     通常は外部にブレーカーボックスを後付けして、そこにブレーカーを

     設置するのですが、こんな工事、初めて見ました』

※今度写真をアップします

 

なるほど。あの大家さんならありうる。

どうせ電気工事屋に、安全はどうでも良いから安く済ませろとでも言ったのでしょう(ーー;。

『電気の事は分からないから』だって?

電気工事屋からここにブレーカーを付けたと絶対説明受けてるはず。

良く言えたものだ(ーー;

 

早くこんな家引っ越したい(ーー;

この家に関しては、電気工事は最悪だと思っています。

いつ電気火災が起きてもおかしく無いかも・・・そんな工事をされているのが

散見されるんですよね(ーー;

安全を顧みず、安さを追求した結果だというのが、良く見えます。

 

子供達よ、早く独り立ちしてくれーw

 

あー

バイク乗りたい

はーや『ひゃー・・・良く分からないけど、危ないんだね』

ジャム子『そう。一度コンセントにタイマーを付けるために工事をしたんだけど

     その時も凄い工事がされていたことが発覚して、良くこのコンセントから

     出火しなかったものだと思ったこともあったよ』

はーや『怖いね・・・。その点私はエンジンで動いているから出火はしないね!』

ジャム子『はーやさんの場合も電気で出火する可能性はあるよ。その前にヒューズが

     飛ぶだろうけど。それよりもガソリンが変な所で引火したら・・・』

はーや『そこはオーナーが良く見てくれているから安心しているんだけどな』

ジャム子『えー?わかんないよー?(☆▽☆)』

はーや『オーナー・・・目が怖いよ・・・』

 

プレミアムな方

こんばんは( ̄▽ ̄)

 

いよいよ始まりますね。

プレミアムな方のSSTR。

 

今回のSSTRは不参加。

理由は簡単。高額だから( ̄▽ ̄;)

さすがプレミアムって言うだけはあります。

 

さてと。

 

このプレミアムSSTRに参加はしませんが、知り合いが参加するのでお見送りに

行きます。

スタート地点も聞いたし、楽しみです( ̄▽ ̄)

そう言えば、お天気の方はどうなんでしょうか??

あー・・・。

やはり私が参加しないと晴れるねw(☆▽☆)

降水確率20%なんて、最高じゃないですか(☆▽☆)

 

他にプレミアムSSTRに参加される方!

無事ゴールできるよう、応援してます!

 

あー

バイク乗りたい。

んー・・・大きさの対比間違えたかも( ̄▽ ̄;)バイクがちょっと小さく見えるw

 

はーや『そう言えばオーナーは今回のSSTRに参加しないんだね』

ジャム子『バイクで走る事を楽しむ(ラリー)のがSSTRだと思っているんだけど、

     今回のはその趣旨から離れちゃってる感を物凄く感じててね』

はーや『あれ?高額だから参加しないってのが今回の日記には書いてあるけど??』

ジャム子『うん。そのせいで結果的に参加費用が高額になってるんだよね。

     だからプレミアムって事なんだろうけどさ』

はーや『じゃあ、来年のSSTRは通常の値段に下がると思うけど参加するの?』

ジャム子『ん~そこは悩んでるんだよねぇ。このまま参加するのやめようかなとも

     思い始めてて・・・』

はーや『ふ~ん』

ジャム子『SSTRで千里浜に行くというより、普通に自分でツーリング計画して

     行く方が安上がりだし、何より時間に急かされる感が無くなる気がしてね』

はーや『ふむふむ』

ジャム子『あっと、SSTR自体は良いイベントだし批判するつもりは無いので

     勘違いしないでね』

はーや『うん。分かってるって』

ジャム子『来年は琵琶湖リベンジをしようと考えているよ』

はーや『琵琶湖!!雪が降って一周できなかったもんね!!楽しみにしてるよ!!

    オーナー!!』

 

あなたと越えたい

こんばんは( ̄▽ ̄)

 

9月22日(木)、平日でしたが年休消化で休みとなっていたので、走ってきました( ̄▽ ̄)

行ったのはここ

道の駅『天城越え

道中は晴れ間も見えて良い天気だったのですが、ここに着いた瞬間雨(☆▽☆)

 

しかも

 

出発時から、道路の段差を乗り上げたりするとフロントフェンダーが外れたような音が、するので何かと思ったら・・・

ネジ締めてませんでしたw

下のネジは手持ちで持ってたネジを応急措置として締めてます(ーー;

我ながら、流石です(ーー;こんな初歩的なミスを犯すとは・・・(ーー;

 

はーやさん、すまぬよ(ーー;

ちなみにこの場所で、

zzr1100djam.hatenablog.com

休憩しながら、これを書いてました( ̄▽ ̄)

この場面ではこの絵が欲しいから帰ったら作らないと・・・なーんて考えながらw

 

 

行きは下道を走りましたが、14:00までには帰り着かねばならなかったので

高速を使いました。

いや・・・高速は快適すぎます。麻薬ですねw

平日だからというのもあったのでしょうけど・・・

 

帰り着いてネジを付けて、この日は終了。

 

ふーやれやれ( ̄▽ ̄;)

ネジの締め忘れはいかんですよw

 

あー

バイク乗りたい

はーや『あの時もそうだったけど、オーナーが遠出とかすると良く雨降るよね』
ジャム子『あー・・・ホントなんでだろねぇ?(ーー;』

はーや『天気予報をも覆しちゃう時もあるしねw』

ジャム子『あははははは・・・・はあぁ(ーー;』

 

でも、最近は多少の雨は気にならなくなってきました。

ただ、後で雨水を洗い流さないといけないのが、地味に面倒ですけどねw( ̄▽ ̄;)

多分・・・確定・・・

こんばんは( ̄▽ ̄)

 

ここの所、物語の方に集中していたので、普通の日記を書くのが久しぶりです(☆▽☆)

 

おぼえてますかね??

妙な音をGoProが拾って・・・その音の原因がブレーキディスクローターに行きついて、

ブレーキディスクローターを交換した経緯があったのを。

zzr1100djam.hatenablog.com

原因特定したと思った時の日記

 

なんとですよ・・・ブレーキディスクローターでもありませんでしたOrz。

あの後走ったら、GoProの映像に例の音が入ってました・・・。

もうお手上げです。

 

・・・と、思っていたのですが・・・ふとしたきっかけで見つけてしまいました。

音の原因。

たまたま、ヘルメットを脱いで、バイクの押し歩きをして、段差を超えた時の事。

カラカラカラ!!

こ、この音は・・・GoProに入っていた音にそっくり・・・。

 

なんと原因は・・・

これでした。

これ、隼のカギです。

赤丸で囲んであるのは、防犯用のチェーンのカギ。

これが、走行中の振動でトップブリッジに当たって音を出していましたOrz

 

・・・

 

ブレーキディスクローター交換したのに・・・

まぁ、結果的にどちらにしてもブレーキディスクローターは変えないとダメだったというのが

分かったので良かったですが・・・

 

何ともお粗末な結果でした(ーー;

 

あー

バイク乗りたい

はーや『えー?なんかすごいお粗末な結果だったね。オーナー』

ジャム子『でも、音の原因が特定できて良かったよ』

 

音の特定はできたけど・・・

・Fブレーキディスクローター

・フロントスタンド

どちらも必要な物でしたけど、出費がでかかった(ーー;

まさか、カギのぶつかる音だったとは・・・(ーー;

はーやさんとジャム子さんの物語(12)

こんばんは( ̄▽ ̄)

 

第十二話。

最終話です。

 

あー

バイク乗りたい

・・・

12

まずはガソリンスタンドを目指す。

そう言えば、隼はレギュラーとハイオクのどちらを入れたほうが良いのだろうか?

隼購入に当たって、情報を色々仕入れてはいたが、肝心のガソリンの種類は

何を入れたら良いのか調べていなかった。

 

この隼は、人化(ひとか)されており、人間のように話も出来る。だったら実際本人(?)に聞いたほうが早いかもしれない。

 

ジャム子『ねぇ、隼さん。隼さんの燃料ってレギュラーとハイオクのどちらを

     入れたら良いのかな?』

 

・・・ブーーーン(定速走行中)・・・

 

ジ『あれ?隼さん?』

 

・・・ブーーーン(定速走行中)・・・

 

ジ『・・・』

 

やはり、バイクが人化して喋るなんてありえない。バイク屋での出来事は気のせいだったに違いない。

とりあえず、ガソリンスタンドに到着した。

 

ブルン!

 

ふ~・・・さてと。スマホで隼のガソリンの種類調べてみるか・・・

隼『ハイオクでお願いしますね』

ジ『ひっ!?!?!』

 

気のせいじゃなかった!!!でもなんで??突然人化するの??

 

隼『私、走行中は走る事に集中しているので人化できないのですよ。

  こうやってエンジンを止めてると、人化の方に集中できるんです。

  アイドリング中でしたら辛うじて人化できますけどね』

ジ『へ、へ~( ̄▽ ̄;)』

隼『なので、信号待ちとかしているときは、お話出来ると思いますよ』

ジ『う、うん分かった。とりあえずガソリン入れるね。え、えと、ハイオクね』

隼『はい。お願いします!』

 

ガソリンを入れている間、私の方をニコニコしながら見ていた・・・

見られると緊張するな・・・

 

隼『ふ~お腹いっぱいです!ごちそうさまでした!』

ジ『そ、それは何より( ̄▽ ̄;)』

 

もうすぐ家に着く。神さんには・・・見えるのだろうか??

 

ジ『ねぇ隼さん。人化した姿って、私以外にも見えるの?』

隼『ん~・・・オーナー以外の人には今の所見えていないと思います。

  見える方が稀みたいですよ』

ジ『そ、そうなんだ』

 

何となくだけど・・・神さんには見えるとは思えない。大体神さんはバイクの事を

嫌っている・・・

 

・・・・・・・

家に到着

 

ジ『ここが私の家。残念ながらガレージは無いから、カバー掛けて外での

  保管になるけど、一応屋根らしきものはあるから多少の雨はしのげると思う・・・

  それでも濡れるとは思うけど・・・ごめんね』

 

ガチャッ

玄関を開ける音・・・神さんだ

 

神『うっわ!!!だっさ!!!!!』

 

隼を一目見た瞬間に言った・・・開口一番それですか・・・

 

神『お前間に合わないって言って家出たけど、間に合ったろ。お前さ、見積もり書に

  書いてある有効期間を見てないの、バレバレ』

 

神さんは気が付いていたのか・・・抜け目がない・・・

 

神『で、これが隼か?』

隼『初めまして隼です。これからお世話になります』

 

どうせ見えないし聞こえないから挨拶しても・・・

 

神『ま、もって3年だろうな。俺にはお前が3年後にこいつを手放す姿が見えるわ。

  いくらバカなお前でも理由は自分で分かるよな?』

 

・・・神さんの言っていることは理解できる。維持費の話だ。中古車だから後々

不具合が出てそれを修理するために部品代が多くかかり、手が回らなくなる事を

言っているのだろう・・・

 

神『せいぜい頑張りな。応援はしてないけどな。ぎゃははははは!!!』

 

バタン!!・・・ふー・・・

 

隼『オーナー・・・大丈夫ですか?私は何言われても、どんな仕打ちをされても

  オーナーが信じてくれる限り大丈夫ですが・・・』

ジ『う、うん』

隼『今までいろんなオーナーに会いました。見てきました。事故した事をバイクの

  せいにしたり・・・中には買った当日に私を手放したオーナーも居ました。

  事情は分かりませんが、オーナー、もし私が負担になるようなら・・・』

 

・・・彼女が生まれて20年。彼女なりに色々な経験はしてきたのだろう・・・

 

ジ『何言ってるのさ。今日来たばかりなのに。隼さんはそんなこと気にしないで、

  初めて行くツーリングはどこに行くのかワクワクしながら待っててよ』

隼『はい!オーナー!!期待してますよ!ツーリングどこに行くんですか??

  楽しみー(^^)』

ジ『はは。隼さん、君は強いね。・・・なんか隼さんって言いにくいな。ん~

  隼だから・・・そうだ。これからは【はーやさん】と呼ぶよ!』

はーや『え?は、はい!!はい!!はい!!!よろしくお願いしますね!!オーナー!!』

こうして、隼・・・はーやさんとの生活が始まった。

 

終わり

~~~~~~~~

ということで、全12話になってしまいました。拙い文章にお付き合いいただき

ありがとうございました。(次回からはいつもの日記に戻ります)。

今後も何かエピソードを書く機会があれば書いていこうと思います。

バイク乗りの方は注意してくださいね。私にネタにされる可能性ありますよ(☆▽☆)

(ハニホーさんの知り合い限定になりそうですがw)

 

ちなみにこの隼の『はーや』という名前ですが・・・

www.autoby.jp

ここから来てますw

作者である鈴木秀吉さんは『はぁや』と表現してますけどねw

はーや『オーナー!感動の名作だよ(☆▽☆)はーやさん、可愛い!!』

ジャム子『それ、自分で言うの?w』

 

お疲れさまでした!

ーーーーーーーーーーーーー

●第一話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第二話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第三話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第四話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第五話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第六話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第七話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第八話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第九話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第十話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第十一話

zzr1100djam.hatenablog.com

 

はーやさんとジャム子さんの物語(11)

こんばんは( ̄▽ ̄)

 

第十一話目。

 

あー

バイク乗りたい

・・・

11

隼『あ・・・ありがとう。解体されるところを助けてくれて』

ジャム子『??』

 

あの頭いっちゃてる子、今日もこのバイク屋に来ていたのか。

あ・・・もしかしたら・・・

 

ジ『いえ。買いたかったので。もしかして、この隼の前のオーナーさんですか?』

隼『へ?いやいやいや・・・』

えーなんて説明すればいいの?(´;ω;`)ブワッ 

 

店長『お前が話しているそいつは、【隼】だよ』

隼『あ、店長さん』

ジ『は?』

 

店長・・・何言ってるのか分からんのだけど・・・

 

ジ『店長・・・何言っているのか分かりませんが・・・ここに居らっしゃるのは、隼の

  前オーナーさんじゃないのですか?』

店長『いや、隼だ。人化したやつよ。俺にはもう見えねぇけどな』

ジ『ひとか??』

店長『人に化けるで、人化な。勝手に俺がそう呼んでるだけだけどな』

 

・・・つまり・・・

 

ジ『つまり店長は、この隼が人化して、私の目の前に居ると言いたい?』

店長『そういうこった』

ジ『あはははははは( ̄▽ ̄)』

店長『わははははは!』

 

・・・店長・・・いや、この店大丈夫か??

 

ジ『じーーーーーーーっ』

隼『ひっ!?』

ジ『どーーーーーー見ても、女の子にしか見えないけど??』

店長『わはは!いいじゃねぇか。可愛いだろ?今日からお前はこいつのオーナーって

   訳だ。可愛がってくれよ』

ジ『は、はぁ』

店長『ちなみにKawasaki車だと、男になる確率が高いんだけどなw』

 

なんだか良く分からないが・・・とりあえず購入の手続きを終わらせた。

 

店長『よし。これでOKだ。ガソリンはちょびっとしか入ってないから、途中で

   入れてくれよ。初日からガス欠ってのは恥ずかしいし、整備不良で捕まりたく

   ないだろ?』

ジ『分かりました』

隼『おなかペコペコです(^▽^;』

ジ『そ、そう?』

 

調子狂う・・・

 

店長『これでお前は晴れて正式なオーナーだ。あ、そうだ。次は1カ月点検だからよ。

   1カ月経つか、100km走行したら来てくれや』

ジ『分かりました』

隼『よろしくお願いします!』

ジ『う、うん。よろしくね』

店長『くくっお前の事見てると面白ぇわw【よろしくお願いします!】とでも

   言われたんだろ?w』

 

・・・馬鹿にされてるのだろうか(ーー;・・・

 

さて・・・エンジンを掛けて・・・ポチ・・・

あれ?セルが回らない??

 

隼『あ。クラッチ引きながらイグニッションです』

ジ『そうなんだ。そう言えばスズキ車ってそういう作りだったわ』

隼『うふふ』

ジ『・・・何?』

隼『また走れるんだって思うと嬉しくって』

ジ『そう・・・良かった( ̄▽ ̄;)』

 

キュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュブオン!!!

 

ジ『ん~~~なんか、エンジン掛かりづらいな・・・』

隼『ん?んん!!喉の調子が悪いので、多分、スロットルボディがちょっと

  汚れているのかなと思います』

 

喉の調子・・・

 

ジ『そ、そう?( ̄▽ ̄;)』

店長『ちょっとエンジン掛かりづれぇみたいだが、不具合じゃないから気にするな。

   ま、1カ月点検の時に見てやるよ。

   じゃな!気を付けてな!!古いバイクとはいえ、世界一の速度を出せる

   バイクだからよ!』

ジ『はい。ありがとうございました!』

隼『行きましょう!オーナー!!』

ジ『そ、そうね( ̄▽ ̄;)』

 

ホント調子狂う

 

店員『ありあとやっしたああ!!!』

ジ『どもー♪』

 

今日から私も隼オーナーだ!!

 

~~~~~

はーや『この時のオーナーって、変によそよそしくてどう相手にすれば良いのか

    分からなかったよ』

ジャム子『そりゃぁバイクが人化なんて、誰も信じないって(ーー;

     ホント馬鹿にされているのかと思ったもの。

     それにあなたは人間にしか見えなかったし、走っている間は人化した

     あなたは出てこないしさ』

はーや『走っている間は、走りに集中するから』

ジャム子『うん。今は分かるよ』

 

あはははは( ̄▽ ̄;)

次はいよいよ最終回です!

ーーーーーーーーーーーーー

●第一話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第二話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第三話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第四話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第五話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第六話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第七話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第八話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第九話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第十話

zzr1100djam.hatenablog.com

 

はーやさんとジャム子さんの物語(10)

こんばんは( ̄▽ ̄)

 

第十話目。

ついに十話目に突入です。

 

あー

バイク乗りたい

・・・

10

はぁ!!はぁ!!はぁ!!

走った。とにかく走った。

解体は無い!!業者に回すなんて!!!ひどい!!!ひどい!!!!

 

・・・・

オーラーイ!オーラーイ!

店員『とりあえずこの辺りでいいっすかね、店長』

店長『ふぅ・・・あ?おぅ!いいんじゃねぇか?』

店員『あれ?電話してたんっすか?』

店長『ん?あぁ・・・ったく後味悪いぜ。仕事終わったら飲みに行っかな。

   実はこの隼の見積もりをとってた奴がな・・・』

解体業者『よしっと。じゃぁ店長さん、この書類を書いてよ』

店長『おー。っと、話は後でな』

・・・・

ぜはぁ!!!!ぜはぁ!!!店に着いた!!!

隼は・・・隼はどこだ!?!?!

・・・・

解体業者『じゃまたな!店長!また程度の良い解体したいバイクがあったら

     連絡くれよ』

店長『はいよ。あんたんとこはひいきにしてるから連絡するわ!』

・・・・

!?!?!?隼が積まれてる車が!!!あれか!!!

車が出る!!!店を出る!!!どりゃああああ!!!

バン!!!

ジャム子『ぶっ!!!』

解体業者『ひ、人が!!!フロントガラスに人が!!!』

店長&店員&隼『!??!!?』

ジ『ちょっと!!ちょっとまって!!!持って行かないで!!!』

・・・・

あの人間・・・来たの?・・・でももう解体されるの決まっているのよ

・・・・

店長『ばっかやろう!!!!死にてぇのか!!!業者!!ストップ!!!ちょっと

   話すっから待ってくれ!!!』

業者『ったく寿命縮んだわ・・・こっちも急いでるから早くしてくれよ!』

・・・・

ジ『店長!!あの、ぜはぁぜはぁ!!あの隼を買いに来ました!!!ぜぇぜぇ!!』

店長『はぁ・・・遅ぇ。解体業者への手続きはもう終わってるぞ』

ジ『解体なんてひどいじゃないですか!!他に売るって店長は・・・はっ!!』

 

店に来る客に売るとは・・・言ってない・・・

 

店長『・・・気が付いたか?俺ぁ解体業者に売ったんだ』

ジ『そんな・・・こんなチャンス無いのに!!この隼はこれしか無いのに!!』

店長『だな。残念だったな。中古車ってそんなもんだ。よし話は終わりだ。

   他にもバイクあるからよ。店内で選んでてくれよ。じゃぁ・・・』

 

そんな!!!いや!!!まだだ!!!

 

ジ『プラスで10万払います!!!貰った見積もりプラス10万で!!!』

店員『・・・マジっすか、あの客』

店長『おいおい。それでもうちは赤字だぜ?合計しても40万わなぁ』

 

くそ!!それなら!!!

 

ジ『プラス20万・・・合計50万でどうですか!?!??』

店長『くっ・・・はは!!わははははは!!!おい聞いたか??』

店員『えぇ聞いたっす!』

店長『ふー・・・バカだろ?お前』

 

必死になってるのにバカ呼ばわり!?

 

ジ『バカでも良いです!隼を!!』

店長『んだよ、落ち着けよ。だからバカだっての。気が付いてねぇの?

   見積書、よ~く見てみろ』

 

はぁ!?何を言ってる!?今さら見ても仕方ないじゃんか!!

 

ジ『・・・どこをどう見ても普通の見積もりにしか見えない・・・』

店長『はあぁ・・・世話焼けるな。ほら!!!ここだよ!!!ここ!!!』

 

・・・【尚、上記に書かれた見積もりの有効期間は7日間とする】・・・

どういうこと!?!?

 

ジ『え?だって、店長は5日間って・・・』

店長『そんなこと、言ったっけか?忘れちまったなぁ。今日は6日目だな。

   見積もりはまだ有効ってこった』

 

はああぁ!?!?

 

ジ『じゃ、じゃぁ・・・』

店長『本当に買うか?』

 

そんなの聞かれるまでもない

 

ジ『買います!!』

隼『!?!?!』

店長『おし、毎度あり!!業者!!すまねぇ!!せっかく積み込んでもらったけど

   降ろしてくれ!!!』

業者『・・・聞こえてたよ店長。これ、大きな貸しだかんな』

 

~~~~~

はーや『オーナーが来たとき、他のバイクを買いに来たのかと思ったよ』

ジャム子『そんなわけないじゃん。はーやさんの事しか考えてなかったし』

はーや『オーナー・・・(´;ω;`)ブワッ 』

 

┐(´∀`)┌ヤレヤレ

ーーーーーーーーーーーーー

●第一話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第二話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第三話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第四話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第五話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第六話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第七話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第八話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第九話

zzr1100djam.hatenablog.com

 

はーやさんとジャム子さんの物語(9)

こんばんは( ̄▽ ̄)

 

第九話目です。

今回も、ちょっと長いです。

 

あー

バイク乗りたい

・・・

見積書を持ち帰った。

見積書は3種類のバージョンを店長に無理を言って作ってもらっていた。

1.一括支払いで買った場合

2.全額分割払いで買った場合

3.一部を現金で支払って、残りは分割払い

 

さぁ神さんとの交渉開始だ!!・・・しかし、神さんは家には居なかった。

そうだ、今日は自転車で出かけると言っていた・・・神さんは自転車に乗る事を

趣味としている人間で休日になると走りに行く事が多かった。

 

ガチャっ

神さん『おーおー疲れたぞっと。ふー』

ジャム子『おかえりなさい。とりあえずコーヒーでも飲まれますか?』

神さん『おぅ』

 

見積もり・・・神さんへの言うタイミング、話すタイミングが難しい。

 

ジ『コーヒー飲まれている時にすいません。話があるのですが・・・』

神『疲れたからあとな』

 

そのまま寝入ってしまった・・・。

 

神さんとの交渉は、5日・・・いや4日間で終わらせなければならない。

なぜなら・・・

ーーーーー

店長『この見積もりの有効期間は・・・5日だ。うちじゃありえない金額まで

   落としたからよ。その間にお前さんが来なければ、他に売る。いいな?』

ーーーーー

見積もりを貰う時、店長に言われたのだ。

 

・・・・・

平日は私も神さんもフルタイムで働いている。

神さんは精神をすり減らすようなシビアな仕事をしており、平日話すのは難しい。

ましてや交渉事となると・・・

 

神『あぁ!?ふざけんな!!!こっちは疲れてんだから休ませろよ!!!』

ジ『すいませんでした!!』

 

決まってこのやり取りが発生する。

5日間・・・見積もりを貰ってからもう今日が4日目だ。今日で決めないと・・・

 

ジ『どうしても聞いて欲しい話があるのです!』

神『あぁ!?ふざけんな!!!こっちは疲れてんだから休ませろよ!!!』

 

だめだ・・・これじゃ・・・いやでも、引き下がれない!

 

ジ『お願いします!!(土下座)話を聞くだけでも!!!』

神『んだよ面倒くせぇなぁ、明日だ、明日聞いてやる』

 

次の日。今日は休みだ。

目覚めると・・・神さんは居なかった。自転車で走りに行ったのだ。

見積もり貰ってから今日が5日目だ。見積もり有効期限最終日・・・もう今日で決めないと・・・帰ってきてからが勝負だ。

でも疲れているから・・・と、話を聞いてくれるだろうか?

 

・・・・・

 

ガチャっ

神『おーおー疲れたぞっと。ふー』

ジ『おかえりなさい。とりあえずコーヒーでも飲まれますか?』

神『おぅ』

よしここだ!!!

ジ『お話が・・・』

神『あぁ!?!?うるせぇ!!!寝る!!!』

そんな・・・寝てしまった。

もうダメか・・・隼は・・・いや!!!

ジ『お願いします!!!話を聞いてください!!』

神『・・・すー・・・』

くっ・・・どうすれば!!!そうだ!!!バイク屋!!!バイク屋と交渉して日付を

伸ばして貰うしかない!!

ここのところ毎日電話を掛けているが一向に電話が通じない・・・いやそれがどうした!!すぐに電話を!!!

 

プルルル・・・プルルル・・・プルルル・・・

 

今日も電話に出ない!?なんで!?!?今日は最終日なのだ!!負けられない!!!

何度も電話を掛ける・・・気が付くと・・・店の営業時間を過ぎていた・・・

 

もうダメだ・・・隼は買えない・・・他に売られる・・・

 

・・・・

 

次の日になった。

神『そういやお前、話があると言ってたな。何を話すか想像は出来ているが

  聞いてやる』

・・・もう・・・遅いよ・・・

ジ『はい・・・隼を買うための見積もりを貰ってきたのですが・・・』

話をした。全て。もう間に合わないという事も。

神『ふん』

ジ『・・・ということでもう間に合いません』

神『連絡はしたのか?』

・・・あぁしたよ・・・したさ!!!毎日!!毎日!!・・・でも電話には・・・

ジ『誰も出なくて・・・』

神『何を言ってる。今日の話だ』

・・・今日は見積もりを貰ってから6日目だ。もう隼は無いしこの見積もりには

意味が無い・・・

神『どうせしてないんだろ?連絡しろよ。その間ちょっとコンビニ行ってくるわ。

  ケーキ買ってくる』

 

・・・プルルル・・・プルルル・・・はい、S〇X○○店です

・・・出た・・・

 

ジ『・・・ジャム子です。見積もりを頂いていた隼の事でお話が・・・』

店長『おぅお前か。残念だったな。隼は今解体業者が車に積み込んでいる最中だ』

 

解体だって!?!?他の人に売るんじゃなかったの!?

 

ジ『解体って待ってもらえますか!!!!お願いします!!!!』

店長『ダメだ。こっちも商売なんでな』

ジ『でも、まだそこにあるって事ですよね!!!』

店長『もうすぐ積み込み終わるけどな。・・・あぁちょっと書類書かなきゃ

   いけないから、じゃあな。またのご利用お待ちしてますよっと』

ガチャン!!

ジ『えぇ!?もしもし!!!もしもし!!!!』

ダメだ!!でも!!!まだ店にはある!!!隼はある!!!!どうすれば良い!?!?

くそっ!!!!

 

がちゃっ

神『ただいま。ほらよ。隼の購入金だ。これを持ってバイク屋に今すぐ

  行って来いよ』

!?!??!?!?!?!!

ジ『ありがとう!!!!!行ってくる!!!』

考える間もなく、走り出した。

 

~~~~~

ここまでで約2400文字wまた長くなってしまったw

はーや『うわー!!ドキドキする展開!!』

ジャム子『もう色々驚くことだらけよ』

 

・・・だから・・・フィク・・・いやもう好きにして(ーー;

ーーーーーーーーーーーーー

●第一話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第二話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第三話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第四話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第五話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第六話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第七話

zzr1100djam.hatenablog.com

●第八話

zzr1100djam.hatenablog.com